温泉療法は、古来より湯治として親しまれてきました。温泉療法.comでは温泉治療の効能や各種病気に効能のある湯治場を紹介いたします。

露天風呂にはご注意を!

露天風呂には危険がいっぱい!

露天風呂は気持ちがいいが…

血圧系に心配のある方(高血圧の方、低血圧の方)は、露天風呂に入るときには特に注意しましょうね。

温泉施設にもいろいろありますが、日本人として生まれて一番の楽しみは露天風呂にゆったりと浸かることではないでしょうか?

でもこの露天風呂、
入り方によってはちょっと危険になることを認識しておいた方がよいでしょう。

露天風呂は屋外の素晴らしい景色を眺めながら入っていると、時間を忘れていつまでも入っていることができます。

これは、屋外で顔や頭に風を当てながら露天風呂に入っていると、顔が冷やされることにより顔の表面から脳の中に流れ込んでいる血液が冷やされるので、脳も冷やされて(体は温まっているのに)のぼせなくなるからです。

昔は温泉に行くと、頭の上に濡れた手拭いを乗せて温泉に浸かっているおじいちゃんやおじさんをよく見かけたものですが、これも濡れ手ぬぐいから水が蒸発するときに周りの熱を奪うので、頭が冷やされてのぼせにくくなることが自然とわかって昔からやっていたものでしょう。


一見、このようにのぼせにくい露天風呂はよさそうに見えます。

でも、このような特性を持つからこそ特に冬場は注意が必要なんです。


通常の温泉宿では、温泉の大浴場があって、そこから露天風呂に出られるようになっています。

特に冬場は、いきなり露天風呂には行かずに大浴場で体を温めてから露天風呂に向かいますが、この時は大浴場で体が温まり血圧が下がっている状態にあります。

ここでドアを開けて外に出た瞬間、冷たい風にあたって血管が縮まり血圧は急上昇するのです。

また、冬場の露天風呂は水温を通常より高めに設定しているところが多く、外気は寒いのでザブンッと飛び込んでしまうと、血圧はさらに急上昇してしまうのです。

ここまで大丈夫でも、危険はまだあります。

ながらく露天風呂に浸かっていると、身体は温まり血圧は安定してきます。

でも、そんなに長くは入ってられないので上がると、急に寒い外気の影響をうけて再び血圧は上昇してしまうのです。




雪見露天にはくれぐれもご注意ください!

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional