温泉療法は、古来より湯治として親しまれてきました。温泉療法.comでは温泉治療の効能や各種病気に効能のある湯治場を紹介いたします。

入浴剤の効果

入浴剤や民間療法として使われる植物の効果

家庭で温泉気分が味わえる各種入浴剤の人気は高い。
近頃はちょっと変わったユニークな入浴剤もあるそうです。

たとえば、
ドイツの地ビール入浴剤、 ワイン風呂になる入浴剤、
暑い夏でも湯上りがヒンヤリするパチパチ弾ける入浴剤、
ガリガリ君そっくりの入浴剤、
サラサラなお湯がつぶつぶゼリーになってしまう入浴剤、
本物のさくらの花びらが入った入浴剤
など
いろいろな入浴剤が市販されています。

また一方では、
民間療法として、
イチジクの葉、 ショウブ、 ゆず、
モモの葉、 ヨモギ
なども入浴剤として使われています。


これら入浴剤などに含まれる成分に対しては、科学的な有効性を示す論文がいくつも示されています。

たとえば、
入浴剤の成分として硫酸ナトリウム(芒硝)、炭酸水素ナトリウム(重曹)、食塩などを含むものは保湿効果が高い。

二酸化炭素(気泡の出る入浴剤)は、皮膚を通して吸収されて血管を拡張して血行を良くするため、血圧を下げたり疲労回復に有効である。

保湿成分を含んだ入浴剤は、肌に潤いを与えしっとりとさせる。

フィトンチッド(森林浴の効用成分)の成分の一つ「α-ピネン」には、芳香のほかに殺菌、防腐、鎮静作用がある。

ハーブの香りはストレスを解消してくれる。

などである。



以下に入浴剤として使われる植物の主な適応症を記しておきます。

イチジクの葉・枝  :痔、神経痛、婦人科疾患、皮膚疾患
カミツレの葉・花・茎:神経痛、リウマチ、皮膚疾患
月桂樹の葉     :疥癬(カイセン)などの皮膚疾患
小麦のふすま    :皮膚のかゆみ、リウマチ、婦人科疾患
米ぬか       :美肌
サイカチのさや   :美肌
桜の葉       :あせも
ショウブの根・茎  :疲労回復、ストレス解消、冷え性
セキショウの根・茎 :腹痛、ストレス解消、冷え性
トウキの葉・根   :冷え性、婦人科疾患、内出血や疼痛除去
ドクダミ全草    :冷え性、腰痛、関節痛、あせも、湿疹、痔
ハッカの花・葉   :痛み止め、外傷、炎症、清涼感による鎮静
ハトムギの苞葉   :美肌
ハマボウフウの根  :皮膚の発疹、かゆみ、関節痛、筋肉痛
びわの葉      :腰痛、冷え性、皮膚疾患
フジバカマ全草   :皮膚のかゆみ、神経痛
マタタビの実    :保湿、神経痛、腰痛
松の葉       :神経痛、腰痛、リウマチ、ストレス解消
みかん類の果皮   :保湿、ひび、あかぎれ、美肌、ストレス解消
桃の葉       :あせも、湿疹、かぶれなどの皮膚疾患
ヨモギの葉・茎   :冷え性、腰痛、痔、夜尿症

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional